TOPICS トピックス

FIVEONE オトナの流儀05 【ゲスト:野口 万紀子 株式会社 5TOKYO 代表取締役 きき酒師】

動画はこちらから

ttps://youtu.be/C9Izft3lCVQ

 

FIVEONE オトナの流儀 / FIVEONEが提供するラジオ番組
【ゲスト:野口 万紀子 株式会社 5TOKYO 代表取締役 きき酒師】
プロフィール
野口 万紀子 / Makiko Noguchi 株式会社 5TOKYO 代表取締役 きき酒師・プロデューサー 東京都目黒区出身。女子美術短期大学造形学科卒業後、「東京ブラウス株式会社」 に就職。その後スカウトにより、芸能活動に転身。5年ほどモデル業に就いた後、 フランスの高級ブラウスブランド「アン・フォンテーヌ」に就職、SP・MDを担 当。その後、「株式会社CSKシステムズ」、「会計事務所」にて勤務。 日本のおもてなしについても興味を持つようになり、「日本野菜ソムリエ協会」 にてパーティーコーディネートのトータルプロデュースについて学ぶ。日本酒ソー シャルメディア「SAKE美人」のキュレーターを務める中で、日本酒と日本人発信 の文化について執筆、イベント出演などの活動を開始。日本最古のメンズファッ ション誌「男子専科」を中心に、ライター・編集者としても日本酒、ファッショ ン、ライフスタイル、恋愛などについての執筆を手がける。
 2017年5月に株式会社 5TOKYOを設立。『日本の伝統とトレンドを5感で繋ぐ』 をテーマに、イベントプロデュースや飲食店コンサル、酒販店や酒蔵の販路拡大事 業やセミナー講師、メディア出演など、様々なシーンで日本文化の新しい楽しみかたを提案している。

https://www.facebook.com/5tokyo.maki
https://www.instagram.com/5tokyo_maki/

今の仕事をするに到るまでの経緯や、お酒の産地毎による味の特徴、お酒の嗜みかたに関して。

MC:きき酒師になった経緯をお伺いしてもよろしいでしょうか。

ゲスト: 男子専科のお仕事で編集をしていて、日本酒の連載をやっていたというのもあるんですが、同時に、酒美人という女の子のための日本酒のキュレーションサイトを友達がスタートさせた時というのも一つのきっかけですね。

MC:きき酒師として、新しいお酒を飲むため、自分が楽しむために飲む、の2つの場合があると思うんですけれども、今はどのような比率で日本酒を飲まれているのでしょうか?

ゲスト : 最初は自分が好きなお酒しか飲みたくなかったんですけれども、今では新しい価値観に出会うために新しいものを飲むようにしています。

お酒についての知識や、お酒の飲み方について。

MC:地方によってお酒の性質は変わったりするものなんですか?

ゲスト:日本酒の場合、お水によって味が結構変わりますね。使うお米も地域によって違うので、それも影響しています。

MC: 日本酒の味を表すのに何か最適な表現というのはあったりするんでしょうか?

ゲスト:日本酒ならではで言いますと、吟醸香という言葉がよく使われます。この言葉はフルーツっぽい香りのことを意味する言葉です。

MC:野口さんにとって日本酒の魅力は何でしょうか?

ゲスト:日本酒には難しいところがあると思っていて、そこが魅力だと感じています。ワインに比べると、この味だから、この地域という事がとても特定しづらいんです。カテゴライズするのが難しいんです。また、同じお米で作ったとしても発行の仕方とかで、全然違った味になってしまうので、そこも難しいところですね。

MC:野口さんの思う日本酒の飲み方の大人の流儀などはあったりしますか?

ゲスト: 自分のお酒を飲むペースだったり、お酒の弱さだったりをしっかりわかっている人は大人な飲み方だなと思いますね。

今後の目標について

MC: 来年のオリンピックに向けて、野口さんはどんな野望を持っていらっしゃいますか?

ゲスト:まずは日本の魅力を発信していきたいというのもあるんですけど、合わせて日本の伝統芸能だったりとか、を一緒に楽しんでもらえたらなと思っています。

MC:何か今後の目標などはあったりしますか?

ゲスト : 今は日本での活動が多いんですけども、今後は海外でのイベント開催なども行なって行きたいと考えています。

スーツについて

スタイリスト 亀山純 : 今回はスーツについてお話したいと思います。 スーツの知識を知っておくと、TPOをわきまえた、素敵な着こなしをすることができるようになります。まずはオーダースーツに関するバリエーションについてお話ししたいと思います。

「襟」に関しては、主に、「ノッチラベル」、「ピンクドラベル」の2種類があります。「ノッチラベル」はベーシックスタイルで、「ピンクドラベル」は主に、タキシードジャケットなどに使われます。

「胸ポケット」に関しては、「箱ポケット」、「バルカポケット」、「アウトポケット」などがあります。 「バルカポケット」の「バルカ」は、イタリア語で小さな船のことを意味します。 この胸ポケットは、ブリティッシュ、イタリアン、アメリカン、などスーツスタイルによって形を決めていきます。

全体のバランスを見つつ、ディティールを決めてください。どんなスーツにしたいのか、コンセプトを決め選んでいくとワンランク上のスーツの着こなしが楽しめるようになります。

カッコいいオトナとは・・・

いろんなことにチャレンジできる多様な知識の持ち主。

ゲスト:ファッションでも、仕事でも、いろんなことを知っていることで、自分のスタイルというものが見えてくると思うので、上から下までいろんなことを知っているということが大切だと思います。