OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

ファイブワンのこだわり

こんにちは

大阪本店 本間です。

20160121fiveone.JPG


今日はスーツの縫い代の話です。

縫い代とは、洋服を縫う時に生地の強度を保つために残されている部分です。

少なすぎると耐久性がなくなりますし、

多すぎると邪魔になったり、シルエットに悪影響を及ぼします。

この縫い代ですが、

一般的には0.7から1cmが主流とされています。

例えば、大量生産の洋服はコストの削減や作業のシンプルさを求めて、この縫い代になっていると思われます。

これに対して、

私どもが生産しているスーツの中には

1着の中でも部分により、1cm、1.5cmそして2cmの縫い代が存在します。

よって、ある程度であれば寸法を大きくするというお直しが可能になります。

全てのパターン(型紙)ではないですが、具体例は

ジャケット前身頃の脇側に1.5cm  後身頃 背中中央に1.5cm (総裏の場合)

パンツ後身 内側に2cm といったところです。

これらの部分を見てみると、

直し易かったり、直しても目立ちにくい部分であるように思えます。

ほんの0.5cmや1cmの違いですが

オーダーメイドという商品ですので

先々の体型変化に合わせてお直しして長く使っていただけるよう

考えられております。