OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

着心地を良くするためのこだわり

こんにちは

大阪本店 本間です。

今日は着心地を良くするためのこだわりをお話ししたいと思います。

20151212_katasenn01_R.JPG20151212_katasenn02_R.JPG20151212_katasenn03_R.JPG


ジャケットの肩線は前身頃と後身頃の肩線を縫い合わせてできています。

後身頃の方が前身より1~1.5cmくらいパターン上で長く設計されていて、

縫製時はこの長さの違う二枚を縫い合わせます。

1~1.5cmはイセ量というものです。

これにより後身頃、肩線より下方にはゆとりが生まれます。

このゆとりは肩甲骨のふくらみをほどよくカバーしてくれます。

そして肩線を縫った後、後身頃の首元から肩先、前身頃にかけてアイロンをかけます。

ゆとりのあるところもタテにまっすぐ生地の目に注意して整えていくと

自然と肩先は前に出てきます。

これで前肩(肩先で前に向かって丸まっている)の体型もカバーできます。

パターンの状態で少し差をつけてあるのは

最高の着心地を考えているからだと思うととても面白いですね。