OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

第1号のオーダースーツ

既製服(レディメイド)全盛の時代に、自分だけの1着であるオーダーメイドスーツこそが将来のファイブワンにおける主力商品に取って代わると考えていた前社長が、イタリアのクラシコ協会加盟のテーラードジャケットを研究し、またイタリアの有名サルトリアにご指導頂き(現在でも交流があります)、ようやく完成したものが、現在のファイブワンのパターンとなります。

80年代から90年代にかけて、イタリアンクラシコのスーツが日本でも人気が出てくるとファイブワン工業(ファイブワンファクトリーの前身)は量産型のスーツ工場とは一線を画し、手作業の工程を多く取り入れ、細部にまでこだわり、まず完成したのがこのスーツ。

DSCN0615ww.JPG

※当時の百貨店/ブランドにおいて、高級ハイクラススーツとして取り扱われておりました。

前社長が愛用し、職人たちも憧れていた最高峰Kiton(キートン)のスーツも、時にはすべてをバラし、研究していたようです。存在感がありながらも上品さを保つという絶妙なバランスのスーツを作り上げました。10年以上たった現在でも、まったくというほど古さを感じさせないデザインは、ファイブワンで販売するオーダースーツの原型となっております。

また「オーダーメイド」ということで、シルエット・サイズ・仕様・デザインにこだわることが可能となります。より上質なスーツを、より自分好みな1着を追及した成果が、現在の『FIVEONE【ファイブワン】のオーダーメイドスーツ』という商品となっております。

是非、一度お試し下さい。

◆ファイブワン工業時代のオーダースーツ第一号◆

生地:ERMENEGILDO ZEGNA(エルメネジルドゼニア) 縫製:ファイブワン工業

価格:143,000円(スリーピーススーツ)

※生地は、現代のゼニアのバンチブックからお選び頂きます。※復刻版として当時と同型でお仕立致します。

この商品に関するお問い合わせは、ファイブワン直営店(銀座本店・大阪店・神戸元町店)にお願い致します。

ファイブワンファクトリー株式会社

代表取締役 森 俊彦