OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

ボンド・スーツとモッズ・スーツ②

 

銀座店 泉です。

では、前回のつづきを。

 

二度の世界大戦が終わり、外交が正常化しつつある欧米諸国の文化は、

それぞれに輸出入されるようになることは前回にも書きました。

 

ジェームス・ボンドの話の前に、私のルーツの1つでもある「MODS」の話を。

 

bondandmod04

 

「スウィンギン・ロンドン」の花咲く1960年代イングランドでは、アメリカと同じくして

ユースカルチャーが数多く生まれました。その最重要ともいえる1つが「MODS」です。

「MODS」とはなにか、と言われると、「MOD is “ATTITUDE”」というのが私の答えですが、

彼らのアイコンがモッズスーツであることは否定できません。

 

こうしたモッズ・ルックのバンドが、ビートルズをはじめ数多く生まれました。

下の写真はバンドSmallFacesの面々。

 

bondandmod03

 

 

さて、ようやく本題に入りますが、このスーツ。

ジェームズ・ボンドのそれに非常に近いものを感じないでしょうか。

私は偶然ではないように思います。

 

007第一作「ドクター・ノオ」の公開が1,962年。

モッズ・カルチャーの興りもちょうどそのころです。

 

モッズ・スーツにしても、コンジット・カットにしても、

当時こういった新しいスーチング・スタイルが1つの流れとしてあったのではないか、

と思うのです。

では、その源流はいったいどこにあるのでしょうか。

 

というところでまた、次回に続けたいと思います。

 

 

銀座店 泉

 

 

各種お問合せは下記まで。

–TEL–

03-6263-0688 ファイブワン銀座本店

06-6136-6169 ファイブワン大阪本店

–お問い合わせMail–

http://www.fiveone-m.com/contact/

–Instagram–

https://www.instagram.com/fiveone_official