OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

ハイクオリティ。

 

銀座店の泉です。

それでは前回のつづきを。。。

 

 

 

 

今回のジャケットは、通常より「手作業」を増やして製作しています。

これらを店やファクトリーは「ハイクオリティ」と呼んでいます。

 

・・・・・

 

 

 

写真のように芯と表地をそれぞれ別に取り付ける方法で作ったものは、「本襟がけ」もしくは「かぶせ襟」と呼んでいます。
そうすることで、地襟を身頃に合わせて正確にクセ取りする(アイロンで生地を成型する作業)ことができます。

 

着用したときのノボリ方と、ジャケットの重さの「乗り方」に違いが出るなと感じています。
「面」で首に乗っていような感覚です。

 

襟のカーブに合わせて地の目を通すことができるのも、本襟がけならでは。

このようなチェック柄はそれが良く分かります。

また、制作手順の違いから、ゴージの縫い合わせも手縫いになります。

 

・・・・・

 

 

続いては袖。

通常はイセ込みながらミシンで取り付けていますが、ハイクオリティではこれを手縫いで行っています。

 

手法が違えば材料もスパン糸から絹糸になり、半返しという方法で縫い付けています。
そのため、縫い付ける糸の量が増え、動きに対してできるだけ制限せず、また着るたびに馴染む袖に仕上がります。

特に、腕を前に出したときに、その違いを感じることでしょう。

デスクワークの方は、1日着ると大きな差になるんじゃないでしょうか。

 

・・・・・・・

 

こうした積み重ねによって、ハイクオリティで仕上げたジャケットは、より柔らかな、曲線的な美しさをもつ仕立て映えとなります。

中々写真では伝わらないニュアンスですが、ご来店日に着用してお店に立ちますので、ご興味のある方はお申し付けください。

 

本襟がけは19,200円、袖付けは16,000円(税抜)のアップチャージを頂戴しています。

また手間のかかる作業であるが故に、工期は+2週間程度かかります。

 

それでも、パフォーマンスではない「手縫い」の価値として、より良いクオリティを求める方へ積極的におすすめできるオプションです。

 

 

 

 

銀座店 泉