OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

オーダーメイドスーツの真骨頂 -ファイブワン特殊体型補正-

こんにちは、ブログ2回目登場ファイブワンCAD室パターン担当藤本です。

前回テーマは補正でしたが、今回は特殊体型補正でございます。

少し解説をしておきますと・・・、オーダースーツには、基本体型に近い方がディティールにこだわれることを中心に設計されたパターンオーダー商品と、基本体型のサイズでは対応できない方・満足できない方のために、フルオーダー(ファイブワンパーソナルオーダー)があります。

パターンオーダーは、セレクトショップ系を中心にお客様の支持が高くてご好評を頂いていますが、よりパーソナルに、より細かく作り込みたい方には、フルオーダー(ファイブワンパーソナルオーダー)がオススメです。そして、フルオーダー(ファイブワンパーソナルオーダー)に必要な技術が、『特殊体型補正』です。

特殊体型補正のエキスパート(60年の経験)井関先生にかかれば・・・・・

DSCN0537www.JPG

なんと 先生が型に手を触れると魔法のように、お客様に合わせた型紙が出来上がるという伝説があるほどで御座います!!!

ファイブワン・ファクトリーの品質は、このように生まれます。

ファイブワンは、オーダースーツのファクトリーブランドとして12年のノウハウがあります(ファクトリーの歴史は約50年)が、これも先輩の技術と経験のおかげなのです!

日本国内でオーダースーツを丸縫いできるファクトリーは少なくなり、特殊体型補正に困ったお取引先様であるブランド店舗様から、お客様のスーツについての相談が数多くございまして、その対応力では井関先生を中心にCADパターン室メンバーで対応させて頂いております。

PB250056www.JPG

特殊体型補正が必要なお客様と言いますと例えば、スポーツをされている方の体型などがそれにあたります。一般の方の体と比較するとあきらかに胸板が厚くウエストは細く、太ももも太い。(←「も」が3つ笑)

そんな体型の方でもうまく補正をしますと、カッコよく着れるのです。

今まで各取引先様からオーダーされている名前を見てみるとサッカー選手、プロ野球選手、競馬のジョッキー、プロレスラー、フィギュアスケート等のオーダーが度々入ってまいります。

特殊補正ではよくあるのは反身・屈身、撫肩・怒肩、鳩胸です。他に細かくは30数種類の補正内容があります。それらの補正を複合した型紙作りをオリジナルソフトを使いCADで行うことにより、同じ補正を繰り返し作ることが可能になっています。

前回もブロクでは書かせてもらいましたが、フィッターと要ご相談です。むやみに補正することにより基本モデルの良さを消してしまうこともありますので慎重に。

自分により合うスーツ等を着用したい方は、ファイブワンでの各店舗は特別なお客様(フィッターの知人、友人)にだけは仮縫い仕上げをしていました。仮縫い仕上げとはお客様の体に良くフィットするように体型補正し仮縫いをし、着付けをした上で再度修正しお仕立てしてまいります。

仮縫いをこれから一般の顧客にも広められるようにとファクトリーで体制作りに取り掛かっています。もう少しお待ちくださいね。

自分に合うスーツを求めておられるお客様にはオススメ致します。

バナー大.jpg

本日のオーダースーツコーディネートはどんなん?