OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

おススメフェア生地紹介

こんにちは

大好評を頂いております新秋フェアですが、
皆様もうご注文はお済みでしょうか?
「今から秋冬モノなんて早いよ…」なんて思われるかもしれませんが、
ファイブワンの通常の納期が約1ヶ月とすると、この時期のオーダーは
お盆で工場がお休みになる期間もかかりますので、
海外発注の生地ですと仮に今日のオーダーでも9月頭の納品になってしまうかと思います。
そして今回のフェアは好評のため我々の想像以上に売り切れになるスピードも早いのです。
せっかくの見つけた運命の生地が品切れ、なんてことになっては悲しいので、
まだの方は早めに見にいらして下さいね。

というわけで本日は、フェア対象の生地の中から英国系生地のご紹介したいと思います。

まずは、スキャバル社のトルネードです。

tornado1

< Scabal Tornado>

2Piece SUITS 137,000- → 109,000-
3Piece SUITS 161,000- → 128,000-
JACKET 99,000- → 79,000-
PANTS 55,000- → 36,000-

トルネードの最大の魅力はなんといっても
60番手クラスという太目の糸でつくられたハリコシの強さでございます。
最近はイタリアはイギリス、イギリスはイタリアの生地を研究しており、
大きな違いは少しずつなくなってきているのですが、糸の太さに関しては話は別です。
ここまで太い糸はイタリアの工場ではほぼ作っておらず、
イギリスの生地だからこそ可能な風合いとなっております。
こういう丈夫で長持ちする生地をファイブワンのようなアイロンの多い工場で
柔らかく仕立てて頂くと、本当に長い間一緒に仕事をしていける相棒になってくれますよ。

しかも、ただ太い糸を使って懐古趣味な生地を作っているわけではございません。
スキャバル社の都会的な感覚が入り、程よい光沢と備えており色柄も豊富です。
シンプルなネイビーやグレーのスーツが好きと言う方でも、
「シンプルなネイビーやグレー」のなかでしっかりバリエーションがございますので
生地を楽しんでお選び頂けるかと思います。
生地のバリエーションはたくさんございますので一部だけ画像でご紹介したします。
それではどーぞ。tornado%ef%bc%94

tornado%ef%bc%92

tornado%ef%bc%95

tornado%ef%bc%93

 

さて、続いてのおススメはテイラー&ロッジのラムズゴールデンベールです。

taylor%ef%bc%91

< Taylor&lodge Lumb’s Golden Bale>

2Piece SUITS 137,000- → 109,000-
3Piece SUITS 161,000- → 128,000-
JACKET 99,000- → 79,000-
PANTS 55,000- → 36,000-

この生地の魅力をお伝えする為には、「テイラー&ロッジ」という
ブランドのお話を少々する必要がございます。
「テイラ&ーロッジ(TAYLOR & LODGE)」は1883年に
ハダーズフィールドで創業した超老舗ミルです。
ハダーズフィールドは生地を織る為の気候や水質の条件がそろう
素晴らしい環境であり、英国生地を織る工場の多くがこの地域にあります。
そんな環境でテイラー&ロッジは効率よりもとにかくクオリティを重視しており、
織機の速度は70%ほどに抑制して生地を織っていることや、
昔ながらのペーパープレスという技法(水を含んだ生地の間に厚紙を
ジグザグに挟み、その間に電流を流しつつ油圧による重しをしながら一昼夜置く)を
今でも使っていることなどが有名で、サヴィルロウはもちろん、
現代のイタリアのトップブランドからも高い評価を受け続けています。

ラムズゴールデンベールの凄さは、テイラ&ーロッジが織っているというだけでなく、
糸にも秘密があります。
ラムズゴールデンベールの糸を紡績するのこれまた世界トップレベルの紡績で有名な、
ジョセフ・ラム社でございます。
誇り高いジョセフ・ラム社は、ラムズゴールデンベール糸を生み出した当初、
信頼した4社にしか使う事を許しませんでした。
その後時代の移り変わりとともに生地屋が吸収されたり、廃業したりするなかで
現在も唯一ラムズゴールデンベール糸を使う事を許可されているのは
テイラ&ーロッジだけなのです。
最高の環境、最高の素材、最高の工場という良い生地を生む為の要素を
すべて備えた生地、それこそが「ラムズゴールデンベール」です。

色柄はあくまでクラシック。
初見ではその良さは伝わりづらいかも知れません。
しかしそれでも王道を行き、とにかく良い品質であるということで
130年以上評価され続けているのは、凄いことだと思いませんか?
そこまでの着心地の良さが本当にあるのか、何がどう違うのか、
そういったことは仕立てた人だけが体感できます。
今回対象の生地はちょっと種類が少ないですが、
気になった方はこの機会を逃す手はありませんよ。

 

毎度のことながら、生地の話になると長くなっていけません…。
とにかくまずは是非一度、お近くのファイブワンまで
フェアの生地を見にいらして下さいね。

※この時期は店舗が込み合うことも多いので、事前のご予約をお忘れなく。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

大阪本店 中村

【各種お問合せは下記まで】
03-6263-0688 ファイブワン銀座本店
06-6136-6169 ファイブワン大阪本店
092-406-3235 ファイブワン福岡店