OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

【AW新入荷生地】カノニコ カヴァートクロス

こんにちは

本日も、今シーズンのおススメ生地をご紹介致します。
本日ご紹介したいのは、「カヴァートクロス」でございます。

カヴァートと言いますと、その語源は獲物が身を隠す場所、
すなわち「隠れ場(co-vert)」からきているそうです。
その由来の通りもともとはキツネ狩り用の服に使われる生地であったらしく、
狩りに耐えうる強度と藪や茂みに付いている水滴にも負けない撥水性を備えています。

基本的には縦糸に濃淡2色の双撚梳毛糸、横糸には濃色の単糸紡毛糸を用いて織られた
中肉の綾織ウール地で、霜降り調な表情が特徴的です。
ワイルドなルーツを持っているにもかかわらず、程よい光沢を備え、
ツイードの生地ほど野暮ったさがないのもこの生地の魅力です。
フランネルは苦手だけど秋冬用の暖かいスーツが欲しいという方には
ピッタリの生地でございます。
covert5
19世紀初頭にカヴァートが生まれて以来、現在に至るまで派生形も沢山生まれております。
この派生形がたくさん集まったコレクションとして、
個人的にはホーランド&シェリーの「DAKOTA」が素晴らしいコレクションだと思います。
ホイップコード、キャバリーツイルなどの丈夫で美しい生地が沢山入っております。
※カヴァートクロスとの細かい違いは店舗で見てみて下さいね。
covert1

covert2

前置きが長くなりましたがここからが今シーズンの生地のお話です。
今シーズンはホーランド&シェリー社以外にも、
他のブランドからも質のよいカヴァート系の生地がたくさん出ているのです。

なかでもカノニコ社のカヴァートクロスが大変良くできていると思います。
目付440gmsとそれなりに重厚ですので、秋口用の薄手のコートとしての
お仕立ても素敵ですが、スーツで仕立てられても格好良いです。
ライトブラウン系の色味でカヴァートコート、
グレーやネイビーで出張用のスーツをお仕立て頂ければ間違いありません。。
covert4
丈夫で長持ちする秋冬のスーツを仕立てて見たいという貴方は
まずはカノニコのカヴァートを、
そしてより色柄にこだわりたい貴方はホーランド&シェリーのDAKOTAをご覧ください。
カントリーでもシティでもない独特の着心地と使い勝手の良さはきっと癖になりますよ。

最後にカヴァートの派生生地、ホイップコードのパンツの仕上がりイメージを
見て頂く為にスタッフのスナップをご紹介致します。
covert3
4年以上前に仕立てたパンツですが、全くへこたれておりません。
写真では見づらいですが、ほんのり霜降りがあり奥行きのある生地です。
スーツスタイルでキレイに着ることもできますが、
野性味のあるルーツを持っていますのでデニムシャツやコットンネクタイを合わせて
カジュアルなコーディネートにしてみました。
秋冬用の生地でも汎用性は抜群ですので、自分なりの合わせ方を試してみて下さいね。

ご興味を持たれた方は是非お近くのファイブワンまで。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

ファイブワン大阪本店 中村

【各種お問合せは下記まで】
03-6263-0688 ファイブワン銀座本店
06-6136-6169 ファイブワン大阪本店
092-406-3235 ファイブワン福岡店